HOME PROFILE   EVENT  レコード棚  シャムロックの99枚  j.k.nolenの部屋  モモの部屋 お問合せ

レコード・ライブラリー
&
カフェ

シャムロックへようこそ! 

シャムロックは、
60~70年代のロックを中心とした
アナログLP約1万枚を
自由に聴くことができるカフェ。
60年代初頭のニューヨークの
グリニッヂヴィレッジへ、
ロンドン、リヴァプールへ、
70年代のアメリカ西海岸へ、
そして、ヨーロッパ最果ての島ゲールタハトへ、
タイムスリップしてみませんか。

 Records Library & Cafe Shamrock 
営業日:土日、午前11時~午後6時。遠方の方は、お電話にてご確認後、お越しください。
ホームにTV出演と「レコード・コレクター誌」掲載コーナーを新設しました。
掲  示  板 
・「シャムロックの99枚」№99まで更新しました。
<イヴェント告知>
 連絡先:シャムロック 関口 ☎0280-62-3231 
                090-4058-2699
      このホームページのお問合せからも予約できます。  
  

 新着情報
2021/5/13
・「vinyl junkie行状記」ブログを更新しました。

2021/5/12
・「渡良瀬川のほとりから」ブログ記事を更新しました。
2021/4/30
・イベント&営業スケジュールを更新しました。
2021/4/29
・「モモの部屋日記」ブログを更新しました。
2021/3/1
・レコード棚の邦楽あ~んのミュージシャン名を追加しました。
2021/2/17
・「j.k.nolenが愛した100本の映画」ブログを更新しました。
・レコード棚の洋楽R~Sのミュージシャン名を追加しました。
2021/2/13
・「シャムロックの99枚」をNO.99まで更新しました。

2021/1/31
・イベント&営業スケジュールを更新しました。
・2020/10/31
・「イヴェント」を更新しました。
2020/8/18
・ホームページをマイナー・チェンジしました。
・ホームにテレビ出演と雑誌掲載のコーナーを新設しました。
2020/7/30
ブログ「モモの部屋」を「モモの部屋日記(日々好日)」に変更し、直接アクセスするようにしました。
ブログ「熟年夫婦の世界漫遊記」を追加しました。
2020/7/24
レコード棚の邦楽あ~わのミュージシャン名を追加しました。
2019/8/9
「モモの部屋」旅行記スタートしました。
2016/8/19
お問合せが直りました。イベントの予約はこちらからお願いします。
2014/12/11
 ホームページをリニューアルしました。

ブログ 
vinyl junkie 行状記  
j.k.nolenが選んだ、100本の映画 
渡良瀬川のほとりから 
 モモの部屋日記(日々好日) 
 熟年夫婦の世界漫遊記

イベント&営業スケジュール

シャムロックのアイドルたち
--- 猫と暮らせば ---
 
 

   かねてから喫茶店開業を夢見ていた妻と、中学時代から音楽を聴き続けレコードをコレクシ
  ョンしていた夫の趣味を合体し、「レコード・ライブラリー&カフェ・シャムロック」を
  2009年4月4日にオープン。

   3月に退職した妻がオーナー兼シェフ、夫は皿洗い兼皿回しを担当。夫よりも、当時、健在
  だった母が妻をサポートしていた。夫も今年(2014年)3月に定年退職したが、戦力とし
  ては未知数。夫妻は平和主義者なので、戦力は持たない主義だ。

   営業は、土日のみという我儘をさせていただいている。普段は、ご近所の方に、ランチを楽
  しんでいただいている。また、3ヶ月ごとにジャズ・ライブを行っており、好評を博している。
  ジャズライブの間に、フォークやSSW、ロック等のライブも行っている。

   お店の売りは、1万枚のレコードと5千枚のCD(60〜70年代ロックを中心に、オール・
  ジャンル)を自由に聴くことができること。また、1967年頃からコレクションしている音
  楽雑誌や音楽に関する書籍も多数揃えており、自由に読むことができる。

   このレコードを目当てに、関東各地から音楽好きが集まってくる。音楽には国境もないし、
  年齢差も関係ない。この場所から、新しい出会いが生まれている。

  「シャムロック」という名称は、夫のアイルランド贔屓からつけられた。アイリッシュ・ミュ
  ージックに魅せられて、1996年5月アイルランドへ一人旅。その後、1997年クリスマ
  ス、2000年9月とアイルランドを訪れ、アイルランドの虜に。シャムロックとは、アイル
  ランドの国の花であり、アイルランドの象徴である。最初は、「ドニゴール」という、夫が大
  好きな地名を店の名前にと提案したが、語呂が悪いと却下された。「ドニゴール」だったら、
  お店の検索が楽だったかもしれない。

   さて、本格始動とは、なかなかならないが、近くには、足尾銅山鉱毒事件で消された谷中村
  遺跡や万葉集で詠われた「まくらがの里」古河もあり、風光明媚なところである。
   みなさんのご来店をお待ちしています。


 初めてのテレビ出演、そして、憧れの “ 紳士録 ” へ仲間入り

   シャムロックにとって2017年は、エポック・メイキングな年でした。
   まず3月にテレビ埼玉から連絡が入り、「マチコミ おとな散歩」という番組でお店を取材
  したいということでした。
   番組は、レポーターの松井咲子さん(元AKB48)が、加須の街を散歩するという企画です。
  加須といえば、手打ちうどんと鯉のぼりですが、もうひとつワンポイントで“音楽が聞ける店”
  を探していたら、シャムロックがヒットしたということでした。
     取材は、松井さんがピアノを弾かれるということで、音楽談義に華が咲きました。常連客
  の皆様にも参加していただき、1時間という取材時間が、あっという間に終えました。
   放映は、4月24日、5分に凝縮した内容でした。(番組映像へ)

  もう一つは、憧れの『レコード・コレクターズ』<レコード・コレクター紳士録>に取り上
  げていただいたことでした。
   常々<レコード・コレクター紳士録>に掲載されるのが夢だと口にしていた私ですが、これ
  といって特徴のないコレクションで自信がありませんでした。ところが妻が私に内緒で『レコ
  ード・コレクターズ』編集部に手紙を書き、見事に取り上げていただくことになりました。
   9月に連絡が入り、取材は11月11日に行われました。当日は、編集長の佐藤有紀さん、
  ライターの大鷹俊一さん、そしてカメラマンさんの3名でした。
   事前に妻がシャムロックのHPのコピーを送っていたお蔭で、スムーズな取材でした。写真
  撮影も含めておよそ1時間の取材でした。
   記事は12月号に掲載されました。最初にレコード店で見つけた時には、感激とともに
  「これは私ですよ。」と言うのを我慢するのが大変でした。不思議な気分でした。(掲載本文へ)

  この成果は大変なもので、全国のレコード・コレクターから問合せがあり、関東各地からの
  来店者が倍増しました。これが縁で、大量のレコードやCDをいただいたり、各地の“紳士録”
  仲間との交流も生まれました。
 

   




 
 こんな場所に、こんなお店があるなんて!
 よく、驚きと、感嘆の声をいただきます。
 こんな場所だからこそ、できることがた
 くさんあります。
 




 両スピーカーの中ほどの座席を確保し、ス
 ピーカーに向かって座れば、自分専用のオ
 ーデイオルームになります。 
   
 ジャズライブなどのピアノを使用するライブ演
 奏の時は、お店の奥が、ステージとなります。
 両壁が、レコード棚のためか、ミュージシャン
 に好評の音のシャワーを満喫できます。
 私の特技は、皿回し。
 食器棚の皿を次から次へ取り出し、回す
 のではありません。
 EP、LPのレコード盤を回すのです。
 1万枚のレコード、5,000枚のCDがお
 待ちしております。
 お気軽にリクエストをしてください。
 
 
 50センチウーハーの大迫力を体感してくださ
 い。CDやレコードをご持参いただければ、自
 宅とは違う、異次元の音を堪能できます。



アクセス 
   〒349-1203 埼玉県加須市柏戸3-1 
   Tel&Fax 0280-62-3231
交通手段 
 
 【 電 車 】 東武日光線「新古河」駅より徒歩7分
         JR宇都宮線「古河」駅よりタクシーで5分

 【 お 車 】 [東京方面からお越しの場合]
        東北自動車道「加須インター」より13分
       [栃木方面よりお越しの場合]
        東北自動車道「館林インター」より10分
        東北自動車道「羽生インター」より10分

      
    *ナビを頼りにお越しの際、目的地に着く前に、ナビ終了となる場合
     があるようです。その際は、遠慮なくご連絡ください。



Records Library & Cafe Shamrock 〒349-1203 埼玉県加須市柏戸3-1 Tel&Fax 0280-62-3231

HOME  PROFILE  EVENT  
レコード棚  シャムロックの99枚  j.k.nolenの部屋  モモの部屋  お問合せ
 Copyright(C)Shamrock,All Rights Reserved.